脚脱毛とカミソリの処理

脚脱毛を自宅で挑戦をしたことがあるという方の大半はカミソリを一度は利用したことがあるでしょう。それだけカミソリは一般的であり、お店でも手軽に購入ができるもののひとつです。ムダ毛処理用のカミソリも売られていますから、安全に利用ができるようにもなりました。

しかし、カミソリの利用は安くて簡単であっても厳密には脚脱毛とは言い切れません。どちらかというと、除毛という毛を抜くのではなく表面から取り去る部類となります。また、正しい利用方法でなければ肌を傷めやすく、特に脚脱毛においては炎症やシミができやすくなるため要注意です。

カミソリを利用する時は清潔なものを利用し、使用後はきちんと洗って乾かしておきましょう。不潔な状態で使用をすると毛穴に雑菌が入り込み化膿や炎症を起こしてしまう可能性が高くなります。

また、肌のすべりを良くし、刃から保護するために石鹸や専用フォームなどを用いて肌が傷つかないように注意をすることです。肌表面も一緒に削り取ってしまうため、力の入れすぎには気をつけましょう。うっかり力を入れて脚脱毛をするとすぐに肌にキズがついてしまいます。特にスネ部分には注意をしましょう。

一通り剃る事ができたら優しくぬるま湯で洗い流します。使用後はローションなどでケアをする事が必要です。

特に脚脱毛後のスネ部分は乾燥をするため念入りに行ないましょう。このケアを怠ると乾燥から掻き傷やシミなどを作ってしまいやすくなります。

脚脱毛に利用しやすいワックス脱毛

脚脱毛を手軽に短時間で綺麗にしたいと考える方はワックス脱毛もお勧めの方法のひとつです。ワックス脱毛は昔からありましたが、最近では海外の映画の影響でワックス脱毛がかなり人気を集めています。

液状にしたワックスを脱毛部位に塗り伸ばし、固まったら一気に剥がし去ります。

一瞬痛みを感じるかも知れませんが、瞬間的なので思ったよりは痛くないという感想が多いですね。

比較的広範囲のムダ毛を一気に処理できるため、ワックスが固まるまでの時間や手間は多少なりともありますが、剥がす時は一瞬なのであっと言う間に綺麗に脱毛ができることとなります。また、肌表面の老廃物も一緒に剥がすため綺麗な肌になります。

価格もそれほど高くはなく、自宅で行なえるので利用はしやすいでしょう。ドラッグストアを初めとして通信販売でも売られているので、自分の予算や好みに合わせて選ぶと良いでしょう。

また、サロンでも専業としているところもあるため、自分で行うのは綺麗にできるか自信がなく心配という方は、サロンを利用しても良いかも知れませんね。一度に広範囲の脱毛が可能なので脚脱毛など範囲が広い部分にはうってつけの方法です。

しかしワックスに毛を絡めなければならないため、多少ムダ毛を伸ばしておく必要があります。

ワックスに適した長さまでムダ毛を残しておくというのは、数ミリは必要となります。そうなると脚脱毛までにムダ毛が目立ってしまうのが難点のひとつでしょう。

脚脱毛に多い光脱毛とは

脚脱毛を脱毛サロンで行ないたいという方も多くなりました。今ではすっかり一般的な利用となった脱毛サロンですが、サロンで行なう脱毛方法の主流は光脱毛と呼ばれるものです。

この光脱毛とはどのような仕組みで行なわれるものなのかご存知ですか?

光脱毛は特殊な光を利用する事で、特定の部分のみ熱を発生させて高温状態とし、その力で毛の細胞を破壊するという仕組みを利用しています。

特定の部分とは黒いものであり、毛穴の奥にある毛の細胞の塊となっている毛球に働きかけるのです。サロンにより、この光の出力方法が違いますので呼び名も様々とありますが、もとを正せば全て光脱毛となります。

光脱毛は一瞬で広く光を当てて脱毛処理が行なえるので、脚脱毛を初めとする広範囲の部分には最適な方法ではあります。

痛みは気にならないくらいのものであり、施術後若干赤みや腫れなどが感じられるようですが、日焼けと同じような感じ表現をすると分かりやすいでしょう。

施術価格も今ではかなり下がり、今もっとも人気のある方法です。価格もひと昔に比べるとかなり利用しやすい価格設定となっているので、一般の方にも多く受け入れられるようになりました。

しかし、黒いものに反応するのですから色素の薄いムダ毛には余り効果がありません。日本人など体毛の色が黒い人種には有効なのですが、白色人種などで比較的色素の薄い毛質の方には思ったような効果が上がらない可能性もあるようです。


レーザー脱毛について

脚脱毛の方法にはクリニックなどで行なうことができるレーザー脱毛という脱毛方法があります。これはどのような方法なのでしょうか。基本的には光脱毛とそれほど変わらない仕組みでの脱毛方法なのですが、使用をしている光に違いがあり、こちらは医療用レーザーを用い威力も効果もかなり高いものです。

皮膚科でホクロやシミの除去などに利用をされているレーザーですからその威力もうなずけますね。

そのため、副作用となる腫れや痛みが現れる可能性も高く、高度な技術や施術前のカウンセリングによる個々に合わせ施術調整などの専門知識が必要となり、現在では医師が指示を出した上でレーザー脱毛を行なうという取り決めになっています。

このことから、脱毛サロンと呼ばれるところではレーザー脱毛を行う事ができませんが、脱毛効果も当然光脱毛よりも高く、毛の再生もグッと抑えられます。しかし効果が高い分施術時の痛みは光脱毛よりも強く感じられることが多いようです。

脚脱毛で毛の濃い方はレーザー脱毛の方が有効的かもしれませんが、肌の乾燥が強いと痛みを感じやすい部分であるため、脚脱毛を行なう時には十分に保湿ケアをしておく事が大切でしょう。

特に膝下となると肌の乾燥もしやすい部分であり、痛みにも敏感なので注意が必要です。また、敏感肌な方などは強力過ぎて使用が難しいかも知れません。価格は光脱毛よりも高い事が多いですが、比較的短期間で完了すると言われています。

脚脱毛に毛抜きは有効?

脚脱毛に限らないことではありますが、地道に毛抜きで頑張って処理を行なっているという方も多いですね。

毛抜きも気軽に購入ができますし、大抵どの家庭にも常備されているものでしょうから取り組みやすいもののひとつとなるでしょう。

また、毛を根元から引き抜くのでカミソリよりは確実に再生には時間がかかり、毛が生えるまで時間が稼げるという考え方もできます。しかし根こそぎ抜いたからといって、2度と生えて来ないわけではありません。一見全部抜けたように見えても、毛穴の底にはきちんと毛の細胞が残っており、そこから再び生えてきてしまうのです。

全部抜けたような毛は根元が丸くなっているので、全て抜けたように見えるのですが、この丸い底部分に毛を作る細胞と毛細血管を繋ぐ組織があり、この部分は抜いたくらいでは取り去る事はできないのです。

しかも、無理に抜くと毛穴を傷めてしまったり毛が毛穴内で丸まって表に生えず炎症を起こす事があります。更に、毛とは違う方向で力をかけて抜くと毛穴が歪み、もし光脱毛等を行なうとなると、この歪んだ毛穴が脱毛効果を発揮するのを阻害してしまうという、かなりネックな問題となってしまい脱毛サロンでは嫌がられます。

また、手間がかかるので脚脱毛など範囲の広い部分ではあまり適していないという場合が多いでしょう。

根気がいるので挫折する人も多いですね。それだけ弊害が多いという事でしょうからできれば極力使用は控えましょう。